スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬいぐるみ病院とは

1.はじめに

~ぬいぐるみ病院がうまれた背景~

・糖尿病や高血圧に起因する病気などの、生活習慣病が、大きな社会問題となっています。
・医療現場では、子供からのインフォームド・コンセントを得ることが、非常に困難な状況です。
・子供の、医療に対する恐怖心が医療をスムーズに行うことを妨げています。
・医療者が子供自身の病気に対する理解や考えなどを学ぶ機会が十分ではありません。
・子供達が、看病や介護の場に身を置くことや死と向き合う機会が減り、ケアの気持ちを養うことが困難となっています。


2.活動目的

~ぬいぐるみ病院の目指していること~

・子どもたちに身体や健康について興味を持ってもらい、良い生活習慣を身につけてもらうこと。
・子どもとの関わりを通して、子どもとのコミュニケーション能力を向上させること。
・子どもたちから、子どもの病気に対する理解や考え方などを、学ばせてもらうこと。
・子どもたちに看病やケアの気持ちを養ってもらうこと。
・知らないことから生じる医療に対する恐怖感を緩和すること。

3.活動内容

~ぬいぐるみ病院は、地域の子どもに対するヘルスプロモーション活動です~

(1)ぬいぐるみの診察

ぬいぐるみを患者に見立てて、子どもがぬいぐるみの保護者役または友だち役、私たち学生が医師役、看護師役になって行う、病院ごっこのことです。

 【診察のながれ】

 1,子どもに、病気や怪我を考えてきてもらったぬいぐるみを持ってきてもらう。
 2,医療スタッフ役の学生が子どもたちと一緒にぬいぐるみの診療を行う。
 3,主訴、診察・診断・治療過程、看病方法を書いた“かるて”を子どもに渡す。
 4,待ち時間、診察前後に保健教育を行う。

(2)保健教育

子どもに対して、手作りのイラストや人体模型、紙芝居などを使って、生活習慣、食習慣、身体の仕組み、医療、などについての保健教育を行います。






スポンサーサイト
♪アクセスカウンター♪
♪プロフィール♪
「ゆっくりしていってね!」

ハッピくん(仮)

Author:ハッピくん(仮)

♪カテゴリ♪
♪最新記事♪
♪最新コメント♪
♪月別・記事一覧♪
♪リンク♪
♪QRコード♪
携帯からでも閲覧できます!
QR
♪検索フォーム♪
♪ブロとも申請フォーム♪

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。